三毛うさぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS 多飲多尿その3

<<   作成日時 : 2016/09/11 11:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

響の多飲多尿、続いています。
特に薬を飲んでいるわけでもなく、普通に生活しています。
初めの頃よりおもらしの回数は減っていますが、8月終わりの週に結構な回数と量でおもらしをケージの中でしたので、クリニックに連れて行きました。
この日は、お腹の毛を剃って腹部超音波をしました。
一緒に画像を見させてもらえます。
ここが、膀胱の膜でこの丸く映っているのが、うんちです。
って説明していただきました。
膀胱炎だと炎症を起こしているので、膀胱の膜が厚くなるそうですがそれはありませんでした。
膀胱炎の疑い削除。
膀胱を圧迫しておしっこを出させ、尿検査。
ここでも、膀胱炎の仔はそのまま出てしまうけど、我慢しているので膀胱炎ではないだろうと。
尿検査をしても、特に異常なし。
腎臓の検査は、前回採血をしていて異常なかったので今回はしませんでした。
尿検査の結果が出るまで待合室でまち、再度呼ばれて診察室。
「もしかしたらと思って調べてみたんですけど、反応性失禁の疑いがありますね。」と。
反応性尿失禁は、ホルモンのバランスが崩れて起こる症状。
女の子の犬が避妊手術をした後に起こる事が多く、避妊をしたために起こる症状だそうです。
そうなった場合、ホルモン剤を飲ませるそうですが、うさぎの症例がなくホルモン剤は体に負担がかかるし、量もわからないし、どのホルモン剤が良いのかもわからないとのこと。
響の場合は、「疑い」であって確定診断名ではないしホルモン剤は飲ませず、このまま様子を見ることにしました。
ホルモン性反応性尿失禁のうさぎの症例がないと言うのではなく、飼い主さんがそれに気づいていないだけなのかもしれないですねって。
確かに多飲多尿って、あれ?って思わないとわからないかもしれないです。
今回、響の多飲多尿に気が付いたのは、部屋んぽ中のおもらしとトイレを綺麗にしている時にやけにおしっこの量が多いなって思ったこと、多飲多尿を知っていたこと、そしてうさフェスタの講習である獣医さんが、ネザーランドドワーフは腎不全になりやすいと言うの聞いていたことで、心配になって受診をしたわけです。
ちょっとでも変だな、おかしいなと思ったらクリニックの受診を奨めます。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まぁ〜〜〜、
おいらも多飲多尿です。
2Lのペットのお茶、1日半で飲んじゃいます。
それにコーヒー、ビール。。。。
トイレの回数も1日4回以上はあります。
でもまぁ健康。
腎臓に負担かかってるかな、とは思うんですけど。
ぷん父ちゃん
2016/09/12 15:54
ぷん父ちゃんさんへ
実は私も多飲多尿。。。
メニエールの症状を抑えるため、お水を1日1.5ℓ飲みます。
当然トイレの回数多いです。
最近思う事。
もしかして、響は私の影響を受けてるんじゃないかと。。。
ヨーゼフ
2016/09/12 19:48

コメントする help

ニックネーム
本 文

Link Home Page

Link Blog

多飲多尿その3 三毛うさぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる