響の好きな場所、愛の好きな場所

夕べの響。
乗っているのは私のお腹。

画像















画像

















愛は、私の横。
座っている私の太ももに寄りかかって(時々バタン)横になるのが好きなようです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック